サードマン:TOP




parapロゴ


 マーケティングサイエンスを専門とするシンクタンクの株式会社コレクシア(東京都新宿区、代表取締役:村山 幹朗)と、マーケティングリサーチにおける消費者パネルやプラットフォームを提供する株式会社マーケティングアプリケーションズ(東京都新宿区、代表取締役:萩野 郁夫)は業務提携し、マーケティングアプリケーションズ社の消費者パネル購買データサービス「SCOOP※1」と、コレクシア社の広告価値分析ASP「サードマン※2」用いた、広告調査・広告価値分析プラットフォーム「PARAP(パラップ)」の提供を2014年12月16日より開始しました。

 PARAPを利用する事で、購買ブランドや購入金額、購入チャネル、曜日、時間など実際の購買場面における軸に沿って、使用した各広告の効果を金額や人数へ換算可能になります。PARAPのレポートサンプルや活用方法については、2015年1月より自主調査レポートの公開や、活用セミナーの実施を予定しておりますので、詳細は本ページ記載の実施予定を参照ください。


自主調査レポート・セミナーの更新予定はこちら




消費者個人の購買時の情報に紐付いた、広告調査・分析を実現

自主調査レポート・セミナーの更新予定はこちら


 PARAPは、「SCOOP※1」にアンケート調査を実施し回収したデータを、コレクシア社が提供する広告価値分析ASP「サードマン※2」で分析します。今回の業務提携により、特定ブランド購買者や特定小売チャネルでの購買客に絞って広告の価値を算出することが可能となります。特に、「特定の小売店の売上に対する広告効果」や「広告の各曜日に対する売上貢献」の様な、Point of Salesでしか取得できない軸に沿った広告効果や費用対効果を詳細に計算できることが最大のメリットであり、広告価値の推定(金額換算や人数換算)の精度が大幅に高まる事を期待できます。


お問い合わせ





効果測定に留まらず、「何故か?」
「どうするべきなのか?」まで踏み込む仕組みを提供


 PARAPでは、購買履歴と紐付いたデータを収集する際に、消費者心理や態度、動機、印象、その他購買行動全般に対する購買の「原因」を解明する為のデータも同時に取得することが可能です。この利点を活かし、単なる効果測定に留まらず、各広告媒体の強み弱みの診断を行う、購買プロセスを促進する為のドライバーを探索する、媒体配分を最適化するなど、測定結果を基に後のプランニングで広告の価値を高めるメディアインサイトを探る仕組みも提供する事を目指します。また、今後は広告プロモーション領域の分析のみならず、他の4Pへの適用を進めていきます。


お問い合わせ





分析活用セミナー、ワークショップ、自主調査レポートを順次展開


 2015年1月から、広告効果測定のみならず、具体的な広告施策を導くまでのプランニングプロセスにPARAPを活用する為のワークショップやセミナーの実施や、PARAPを用いた分析結果のダウンロード資料について、本ページ上で順次公開致します。ワークショップやセミナーでは、広告価値の高い媒体や施策の実例紹介や、実際の広告媒体や施策の価値を”売上金額”や”ファン数”で算出した結果の紹介、クロスメディア導線設計の成功事例などの分析結果を紹介します。これらの活動を通して、実購買データに基づいて広告価値を知り、マーケティングアカウンタビリティを実現していく為の支援・啓蒙を行ってまいります。

【今後のコンテンツ・セミナー更新予定一覧】※予定は予告なく変更される可能性があります
  • 現在日程の確定してるセミナーはありません。
    セミナー参加・資料ダウンロード 先行申し込み受付中

  • <その他、今後も様々なテーマでの分析レポート・セミナー・ワークショップを計画しています。>
  • ■「もし屋外広告を使わなかったら、平均で売上の〇%が損失する恐れ。」
      -広告媒体を使わなかった場合の、機会損失額の分析。
  • ■「TVCMにSNSを組み合わせると、TVの効果は〇倍に!」-媒体組み合わせの相乗効果分析。
  • ■「WEBから店頭への送客効果により、平均〇億円の売上貢献あり。」-O2Oの媒体間導線の価値を推定。
  • ■「50代以上男性への、新聞広告の売上換算価値は平均〇億円。」-ターゲット別の広告価値を算出。
  • ■「コンビニ限定」商品の広告が、コンビニにもたらした来店客数・貢献売上額を求める」
      -店頭送客導線の価値推定
  • ■調味料の広告が、生鮮食品の売り上げに貢献した金額・来店客数を算出」
      -商品広告の小売店売上貢献を算出
  • ■「競合調査と購買データで、競合の広告施策の金額価値を換算する」
      -競合ブランドのコミュニケーション戦略解剖。

★最新情報はサードマン公式facebookページでお知らせしますので、是非ご登録下さい。


お問い合わせ




※1 消費者パネル購買データサービス「Scoop」( https://mkt-apps.com/services/scoop/ )は、iOS/Android対応の家計簿アプリを介し、アンケート会員からお買い物をしたレシート・商品JANコードを収集したデータベースサービスです。レシート情報を収集することで、今までデータベース化が困難だった非JANコード商品(ホットスナックや生鮮など)の購買情報を提供することが可能です。データベースには、実際に購入した商品ブランド、購入金額、購入点数、購入日時、購入チャネル、過去の購入履歴、同時購入商品の購入履歴等が記録されています。


※2 マーケティングアカウンタビリティ分析ASP「サードマン」( http://roi-plus.com/thirdman/ )は、広告効果を金額や人数に換算する事ができる分析パッケージで、広告施策や店頭プロモーション由来の売上額・購買客数、ROI(費用対効果)、施策を行わなかった場合の機会損失額などの各種指標を出力します。


 本件についてのお問い合わせは、株式会社コレクシア(03-5937-0137 access@collexia.co.jp 担当:亀井)までお問い合わせください。(クリックでお問い合わせフォームへ移動)



Copyright © Collexia, Inc. ALL RIGHTS RESERVED